読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小排気量でがんばってたブログ

比較的小排気量の乗り物でがんばっております。バイクをメインに書いておりますが、車やバイクに全然関係ないことも書きます、ええ。

CBRのタンク塗装&エアクリ交換

カスタム、整備、修理 CBR250RR

さて、ゆず胡椒です。

タイトル通り
・CBR250RRのガソリンタンクを塗装
・タンク外すついでにエアクリ交換

をしました!


まあなぜ塗装したかって?


それはね、俺のレプソルカラ―はチャイナ産の偽物なんですよね。

だからタンクはプラスチックのカバーが被せてあるだけなんですよ笑

だからカバーのせいでタンクが大きくなってしまって、
ハンドル切ると、ただでさえ純正タンクとハンドルの隙間がぎりぎりなのに
カバーのせいでタンクに当たるんですわwww


そうするとね、ハンドル切るとね


親指が挟まれるんですわwww


そしてね、カバーのせいで、ガソリンの給油口が引っ込んでるんですわw
これね↓

若干位置もずれてますしね...


そんなこんなで塗装に踏み切りました!

とりあえずカバー外します。

久々の純正のカラーリングです。

というか買って次の日にレプソルカラ―にしたから
まともに純正カラ―みたのはじめてかも(/ω\)


ま、そんなことは置いておいて、タンクを外しましょう。


まずはガソリンコックの真ん中の穴からプラスドライバーをいれて、中のボルトを緩めていき、ガソリンコックを外します。ええ、はい。

で、タンク上の8mmのボルトとシート下の12mmのボルトを外すとタンクが上に軽く持ち上がります。

そしたら、ガソリンホース(黄○)と負圧ホース(赤○)を両方とも引っこ抜きます。

それが取れたらタンクを持ち上げればタンク取り外し完了です。

あとはタンクに付いている、コックや給油口を外せば終わりです!
さくっと終わりますw

ちなみに!
給油口のボルトはこの3つの○以外はダミーボルトです!w

全然知らずに全部外してから気付いたわwww
無駄な労力を使ってしまったwww


そしてタンク下の黒いプラスチックの箱がエアクリボックスですよ!

ついでにエアクリも変えていきましょう!
箱に付いているボルトをセコセコと外せばカバーが外れ、フィルターがこんにちはしますよ。

エアクリもなかなか汚いですねw

こちら新品比較。言うまでもなく下が新品ですよw


そして、もうひとつ!

CBR250RRにはサブエアクリーナーというのが付いてるんですよ!
他のバイクに付いているかは知りませんwww

これも交換していきます!

エアクリを外し、ボルトを外していき、カバーをもう一段階外すと見えてきます!
これです!


なんか他の方のブログとか見てると、この中のフィルターが
ゼリー状に溶けているとか、ぼろぼろ過ぎて付いていたのかわからないという記事を見かけたので恐る恐る開けます...


ぱかっ!

サブエアクリーナー

おお!べたべたはしていたが溶けてはいない!
触感はカステラですねw

しかし容器に貼りついているwww

さ、容器をきれいにし、新品装着!
サブエアクリーナー


そして、あとはもとに戻していけば作業完了ですな!


ちなみにタンクの塗装はお店に依頼しました!

自分でやろうかとも思いましたが、チャイナ産のレプソルオレンジのカラ―ナンバーもわからないし、このCBRは長く乗ろうと思うのでちゃんとした塗装をしてもらおう!って感じでしたね!


そして、タンクが塗装から帰ってきて、元通り取り付けて作業は終了です!


タンクカバーと純正タンクのサイズ比較
タンクカバー
やっぱカバーだけあってだいぶでかいですわ(  ゚ ▽ ゚ ;)
CBRがめっちゃスマートになった感じw

とりあえずオレンジ一色で味気ないのでタンクパッドを移設しましたw

そして、もちろん給油口も正規の位置に!これがうれしいね!

ホンダマークがないのでツルんとしてます(。・ε・。)
CBR250RR レプソル

ホンダマークはウイングのカッティングか、丸いエンブレムか迷ったが、
タンクカバーの時がウイングマークだったので今回はエンブレムかな!

レプソルタンクの黒い3本線もいれようかなー

って思ってます!

☆完成予定図☆
CBR250RR レプソル

いい感じですねd( ̄ー ̄)


また実行したらブログ上げますw


では!




にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク ブログランキングへ