読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小排気量でがんばってたブログ

比較的小排気量の乗り物でがんばっております。バイクをメインに書いておりますが、車やバイクに全然関係ないことも書きます、ええ。

DT125フロントフォークオイルシール交換の巻

DT125 カスタム、整備、修理

どうも。みなさん、こんばんは。こんにちは。おはようございます。

 

ちょっと前からDT125の右フロントフォークからオイルにじみがあったんですが。

 

ここ最近DT先輩を酷使しすぎたせいかフォークからのオイル漏れが酷くなってきたのでフロントフォークのオイルシールでも交換しようかなと思いまして。

 

フォークばらしは初なのでネットでやり方を見る。

さらにヤマハのホームページに部品図が載っているのでそれを見る。

f:id:koyokoyo1991:20160626014034j:plain

フムフム、構造はわかったぞ。

 

「ま、行けるっしょwww」

というノリでやってみました。

 

現状:オイルべたべたのブーツばさばさw

f:id:koyokoyo1991:20160626014035j:plain

こいつぁーやべえぜ(´゚д゚`)

 

さて直していきましょう。

私はバイクスタンドという高級品を持っていないためこれを代用!

キリン瓶ビールケース!(なぜか家にあった)

f:id:koyokoyo1991:20160626014036j:plain

タイヤ外して、フロント周りをばらしていって、トップブリッジとアンダーブラケットのボルトを緩めると「すぽっ!」っとフォークが抜けてきますね~f:id:koyokoyo1991:20160626014038j:plain

フォークの最上部の蓋を外すとバネが出てきてびよよよよよ~~~~ん♪って感じ

f:id:koyokoyo1991:20160626014041j:plain

逆さまにしてオイルを抜いていきますが…

f:id:koyokoyo1991:20160626014042j:plain

なんという汚さwwww

本来フォークオイルは定期的に交換した方がいいらしいですねw

 

次にダストシールとCリングを外してフォークの一番下のボルトも外してカコンカコンとインナーチューブを引っ張るとオイルシール(今回交換する奴)とスライドメタルが抜けてきました!!

f:id:koyokoyo1991:20160626014045j:plain

中に入ってるパーツとかも外していき、だいたい全バラの図

f:id:koyokoyo1991:20160626014046j:plain

 部品図はあるが念のためメモで部品の向きや位置をメモっておく(適当w)

f:id:koyokoyo1991:20160626014104j:plain

 

各パーツの洗浄(という名のパーツクリーナーかけるだけ)をしましょう。

あとインナーチューブの錆びやバリが出ているような傷はやすって均しておきます。(そのままだとオイルシール入れるときにシールが傷つくため) 

洗浄完了!

f:id:koyokoyo1991:20160626014048j:plain

もちろんオイルシールは新品交換!(DTは内径35×外径48ミリでした。)

f:id:koyokoyo1991:20160626014047j:plain

あとは逆手順で戻していって、スライドメタルとオイルシールは圧入なので専用工具で圧入します。

 

オイルシールを上から入れて行きますよ。

シール保護のため角をビニテで保護しとくといいそうです。

f:id:koyokoyo1991:20160626014049j:plain

  ここで圧入専用工具「塩ビパイプ」

(ホームセンターで1m753円)

f:id:koyokoyo1991:20160626014051j:plain

ガチ専用工具は5~6000円するらしいですが、ネット情報によると塩ビパイプが最適だそうでw

 

オイルシール圧入!抜け止めのCリング挿入!

f:id:koyokoyo1991:20160626014052j:plain

おk。

 

でダストシールも装着していよいよオイルを入れていきます。

オイルはKYBのフォークオイル、粘度はG10S

f:id:koyokoyo1991:20160626014054j:plain

フォークのオイルは量ではなく油面の高さで管理するのが一般的らしい

サービスマニュアルは持っていないのでオイル量と油面の高さをヤマハ発動機に問い合わせたら

 

ヤマハのちゃんネェ「(この年式のバイクはオイル量のみで高さの規定は)ないです。」

とのこと。しかしオイル量は304ccという情報はゲット。

 

上からオイルをじょぼぼぼっ♪と入れていき、ばねを入れていきマス。

f:id:koyokoyo1991:20160626014056j:plain

 無負荷の状態でもプリロードがかかるようになってるのでバネは入りきりません。

なので手で押してバネをつぶしながらキャップを閉めていけば完成!

f:id:koyokoyo1991:20160626014058j:plain

ちなみにDTはセミエアフォークと言ってここのバルブから圧縮空気を入れれて硬さの調整ができるっぽいですね!

 

けど使ったこと無いw

 

新品のオナホールフォークブーツ(汎用品)に交換!

f:id:koyokoyo1991:20160626014059j:plain

フォークをバイクに戻していって

右足作業終了!

f:id:koyokoyo1991:20160626014100j:plain

なんか足の長さが違う気がする…?(後に原因判明)

 

ま、左もやるか。

左足は漏れてなかったのでフォークオイル交換だけでいいか。

 

とりあえずばらしてオイルを抜いていく。

「ん?」

なんかさっき組んだのとなんか違うゾ…

 

部品図確認…

 

 

右足組み付け間違ってるぅぅぅぅぅぅ~~~~~

やはりかwまあ予想はしてたぜwww

足が伸び切った時にショックを吸収するリバウンドスプリングというバネの取り付け位置を間違えてました(ヽ´ω`)

 

なのでもう一度右足をばらしましたとさ。

一度付けた新品オイルシールを外して再度使用したが、もしかしたらダメかもわかんねw

ま、漏れてきたらまたオイルシール交換すればいいかwww

 

で、ごちゃごちゃと戻していって終了!

DT君、フロントフォーク復活!

f:id:koyokoyo1991:20160626014102j:plain

 

抜いたオイルの色がえげつない…wf:id:koyokoyo1991:20160626014103j:plain

もとの色は赤や緑などメーカーによるらしいが今回買ったKYBのオイルは半透明の青緑色でしたね。

見えないところだからメンテがおろそかになりがちだけど、こーゆーとこもちゃんとやった方がいいのでしょうね~

ま、たぶん次にオイルが漏れてくるまでやらないと思いますがwww

 

 

では!