読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小排気量でがんばってたブログ

比較的小排気量の乗り物でがんばっております。バイクをメインに書いておりますが、車やバイクに全然関係ないことも書きます、ええ。

TLM260Rのエンジンがとりあえずかかった話

TLM260R カスタム、整備、修理

どうも、みなさん

こよこよがせこせことTLMを直していきます。

 

とりあえずエンジンさえかかってしまえば、あとはどうにかなるだろうという考えで

エンジン始動へ向けてキャブを洗浄していきます。

 

キャブはここ

f:id:koyokoyo1991:20160723160506j:plain

さすが競技用、整備性がいい!

※整備性がいいのが競技用だからかは知りません

 

さっそくばらし

f:id:koyokoyo1991:20160723160507j:plain

さすが5年間動かしてないバイ

ガソリンは完全におさらばしていて、2ストオイルだけがキャブの中に充満していましたw

 

各部をばらして洗浄していきます。

f:id:koyokoyo1991:20160723161309j:plain

いい意味で想定外だったのが、2ストオイルが溜まっていたおかげか、

固着や詰まりは少なくスロージェットもメインジェットもすんなり開通

 

元通り戻していって、タンクに混合ガソリンをぶち込みます。

 

そうです、TLM260Rは競技用バイクなのでガソリンと2ストオイルが分離給油ではなく混合給油方式なのです。

なので毎回給油のたびに混合ガソリンを作らないといけないのですよ…

ちなみに混合比はオイルにもよるが、今回使用した2ストオイルでは80~100:1くらいにした。

 

で、エンジンをかけてみる。

f:id:koyokoyo1991:20160723161310j:plain

キックがでら重いw圧縮強すぎw

 

死点にいるときなんて普通にキックペダルの上に立てるレベルwww

 

最初はなかなかかからず、汗だらだらw

ちなみにキックバックによりケッチンくらったのは言うまでもない。

 

そして始動!


よし、エンジンかかってしまえばこっちのもんよ。

 

あとキック後のキックペダルが戻ってくる時に

すねに当たってちょっと怪我したのは内緒。

 

 

さーて、あとはタイヤやらの消耗品とこまごましたのを直せばいけるかな~?

 

では!